プロジェクトラボラトリ利用状況

山口県立宇部高等学校 模擬講義

山口県立宇部高等学校 模擬講義

山口県立宇部高等学校 模擬講義

山口県立宇部高等学校 模擬講義

山口県立宇部高等学校 模擬講義

  • 山口県立宇部高等学校 模擬講義
  • 山口県立宇部高等学校 模擬講義
  • 山口県立宇部高等学校 模擬講義
  • 山口県立宇部高等学校 模擬講義
  • 山口県立宇部高等学校 模擬講義

ホーム > プロジェクトラボラトリ利用状況 > 授業山口県立宇部高等学校の模擬講義がありました>

山口県立宇部高等学校の模擬講義がありました <2018.12>

 平成30年12月13日、山口県立宇部高等学校の模擬講義がプロジェクトラボラトリで行われました。1年生40名が参加しました。中尾PBL教育推進室長より、大学説明が行われた後、「理系(技術系)人材養成のためのプロジェクト学習について」というテーマで、レゴ®シリアスプレイ®によるワークショップを実施しました。LSPは、ブロックをツールとして活用し、見えないものを「見える化」し新しい気づきを得るという組織のための問題解決の手法です。まず「高校3年間で身に付けたもの」次に「宇部高校のここがスゴイ」をレゴブロックを使って表現しました。最後は作品全てを使って、個人モデルをチームモデル(宇部高校)に繋げました。1時間半という限られた時間でしたが、熱心に取り組む姿が見られ、とても有意義な講義となりました。

pagetop