プロジェクトラボラトリ利用状況

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

  • 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®
  • 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®
  • 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®
  • 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®
  • 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®

ホーム > プロジェクトラボラトリ利用状況 > 授業 > 半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®がありました

半導体薄膜電子デバイス特論 レゴ®シリアスプレイ®がありました <2016.12>

 平成28年度半導体薄膜電子デバイス特論授業の一環として、レゴ®シリアスプレイ®を行いました。総合システム工学科1年生必須科目「入門PBL」にも導入されているメソッドを大学院生を対象に、各自が所属する研究室と自分の関係性をイメージする目的で実施しました。所属研究室毎に3~4名で一つのテーブルにつき「他者から見た自分像」「自分の強み」など個人モデルをブロックで制作し、互いに作品を通して語り、質問し合う形式で進められました。後半は自身が持つ研究室のイメージをメンバーで共有し研究室モデルを作成しました。その後、先の自分を表わす5つの個人モデルをコネクションパーツを使って研究室作品と繋ぎ合わせ、自身と研究室の関係性をより具体的にすることで、これまで漠然と持っていた様々なイメージが鮮明になり、新たな気付きや発見を得る結果となりました。

pagetop